小原流レッスン3つの特徴

3つの理由

小原大二郎は過去数千人のレッスン生を指導してきた中で、その多くを100切り、
シングルに育て上げてきました。

なぜそれほどまでに小原式ゴルフ上達法は効果があるのか?

それには、私、小原がこだわる3つのレッスンの特徴にあるのです。

特徴① 完全少人数制のレッスン

レッスンの特徴

私のレッスンは、平均10名の少人数で開催しており常に予約待ちの状態が続いていますが、決して大人数のレッスンを行うことはありません。なぜならあなたに質問がしづらい状況を作って、疑問を残してしまってほしくないからです。

この「疑問が残る」という状態は非常に学習効率と学習効果を落とします。それが、どんな疑問だったとしてもです。

どうしてかと言うと、ゴルフというスポーツはどうしても頭で難しく考えてしまいここで疑問を抱くとひとりで内へ内へと思考が働くことが、最も伸び悩んでしまう典型的なケースなのです。

本来はゴルフは、身体を使って初めて頭を使うスポーツ。

特にスコアにつながるスイングなどは、無意識的に理想のスイングを描けるようになる事が大事です。
しかし、そんな中で頭で余計なことを考えてしまえば、どんどん伸び悩んでいってしまいます。

そんなことのないように、、、、小原大二郎のレッスンでは必ず質問の場を都度設けることで、そういった閉鎖的ゴルフ環境から・・・閉鎖的な思考から開放することによってスコアアップができるようになる環境を常に意識していった結果。完全少人数制のレッスンになったのです。

これによってあなたは疑問をもったらその場その場で、その疑問を解消する事ができるので常にゼロ状態ですっきりした気分でレッスンをうけることができるようになるでしょう。

特徴② :結果から作り上げる「ビジネスゾーン」の形成

レッスンの特徴

まずレッスンであなたにお伝えすることはビジネスゾーンの形成方法です。ビジネスゾーンとは、理想的なインパクトゾーンのことです。

このゾーンさえ安定すればゴルフで食べていけることからプロの間で使われ始めた言葉です。狙い通りの球が打てるかどうかは、99%ビジネスゾーンが占めているといっても過言ではありません。

レッスンでは、このビジネスゾーンを最短でものにする9つの練習法をお伝えするとともに、結果の部分を正しく作りあげることで、グリップやトップの形を少し変えたときには結果がどう変化するのかがわかります。

今まで孤立していたパーツが潤滑油が注がれたようにダイナミックに連動し始めるのです。正確なインパクトから作り上げられたスイングは、練習を重ねるごとに、理想のポジションに自然に収まっていくものです。

特徴③ 自宅で再現可能な練習メニュー

レッスンの特徴

確かにレッスンでは上達した感覚を感じていただけるトレーニングをおこなっていきます。しかし、それよりも私達が重要視しているのは「レッスン終了後」です。

レッスンが終了したら、習った内容がまるでわからなくなる・・・

となってしまえば、どれだけ素晴らしいトレーニングプログラムだったとしても、過酷すぎてできなくなったり思い出せなくなってしまえば、自宅で再現することは非常に難しいのです。

その為、私は教材などでプログラムを制作した経験を活かし、自宅で再現可能なトレーニングプログラムにすることも意識を向けています。

これによって「レッスントレーニング」→「自宅トレーニング」という流れが自然とうまれるようになるのでスムーズにスキルアップをする事ができるようになるでしょう。

またレッスン終了後は診断カルテをお渡ししていますので、後日振り返っていただくことが出来ます。その後の反復練習をしっかりと取り組んで頂くことで、その日学んだことはあなたの体と頭にインプットされます。

通常のトレーニングは自宅学習まで考えられて構築されていないレッスンが非常に多いようですが、私のレッスンは、レッスンよりその先にある自宅でトレーニングを「したくなり」更にそれが「ストレスのないレッスンと同じだけの効果を再現」を重要視してプログラムを作っています

PAGE TOP